• 新浦安駅直結
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-972-835

相談受付時間:平日9:00~18:00
土日祝日夜間も相談可能です(要予約)

現在は健康!でも将来の認知症が心配…今から後見人を選んでおける?

「任意後見制度」を活用すれば後見人を選んでおくことができます

しかし、メリットデメリットがありますので、理解しておきましょう。

「任意後見制度」とは、本人が元気なうちに(任意後見契約の締結に必要な判断能力があるうちに)、自分の判断能力が不十分になったときの後見事務の内容を、後見人にしたい人と事前の契約で選任しておく制度です。
この制度による後見人を任意後見人といいます。

家族や友人、専門家(弁護士や司法書士など)といった信頼できる人を後見人として選び、公証人役場で任意後見契約を締結します。
任意後見契約では、任意後見人を誰にするか、どのような後見事務を委任するかを決められます。

この契約をしておくことで、将来の後見人を指定しておくことになります。

任意後見契約を結んだ後は、認知症等での判断能力の低下が少し見られるようになったら、本人(または配偶者、4親等内の親族、任意後見人候補者)が家庭裁判所に申し立てて、任意後見監督人を選任してもらいます。
任意後見監督人は、任意後見人がきちんと仕事をしているかをチェックする役目を担います。
この任意後見監督人は、あらかじめ指定しておくことはできません。裁判所が専門家(弁護士や司法書士など)を監督人として選任します。

任意後見制度のメリット
「あらかじめ信頼できる人を任意後見人に選んでおける」
「契約内容が登記されるので、任意後見人の地位が公的に証明される」
「家庭裁判所で任意後見監督人が選ばれ、任意後見人の仕事ぶりをチェックできる」
などがあげられます。

一方で、デメリットとしては
「契約の取消権がない」(本人がしてしまった契約を任意後見人として取り消す権限がない)
「死後の事務処理もお願いしたい場合は、また別に依頼する必要がある」(後見はあくまで”生きている間”の代理)
「投資などの資産運用や活用はできない」
などがあげられます。

この記事を担当した司法書士

司法書士法人・行政書士 オールシップ

代表

市山 智

保有資格

司法書士 行政書士

専門分野

相続・遺言・成年後見・民事信託

経歴

相続・遺言・生前対策を中心に取り扱う「司法書士法人・行政書士オールシップ」の代表。相続関係の手続きや成年後見等の財産管理など、年間300件以上の相談に対応。分かりやすく・笑顔で相談に乗れるよう心掛け、迅速・丁寧な対応で依頼者からの信頼も厚く、リピートや紹介での依頼も多い。相続関連書籍の執筆協力やセミナー・研修等の講師実績も多数あり。


サポート料金

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • お問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 【相続登記】…

    1) 当事務所にご相談いただく前に、どのようなこと・どのような状況でお困りでしたか? 不動産の相続手続 2) 実際に当事務所にご予約をする前に、何か不安はありましたか? 無料相談の予約やご相談い…

  • 【相続手続】…

    1) 当事務所にご相談いただく前に、どのようなこと・どのような状況でお困りでしたか? 故郷で会社を経営していた姉が亡くなり、その会社の解散手続きをどうしたらいいのか全くわからず、相談しました。 2…

  • 【相続登記】…

    1) 当事務所にご相談いただく前に、どのようなこと・どのような状況でお困りでしたか? 生前家の事務手続は主人任せで何から手をつけてよいか途方にくれた状態でした。 2) 実際に当事務所にご相談・ご依…

  • 【相続登記】…

    1) 当事務所にご相談いただく前に、どのようなこと・どのような状況でお困りでしたか? 今まで経験のないことですので、どなたかにお聞きしないとならないと思ってました。知り合いにお聞きしても個人的な問題…

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP